さまざまな「資格」

ウェブデザイナーとして働きたいなら:ウェブデザイナーになるための資格取得ガイド

コンピュータというものは、さまざまな機能を持った機械です。さまざまな分野で活用されるようになっています。
とりわけ、コンピュータに導入されたインターネットというものは、高度なコミュニケーション・ツールであり、広告媒体でもあります。
広告が経済発展に直結する現在の超高度資本主義社会にあっては、ある意味では「広告」の首根っこを押さえたインターネット業界というのは、重要なものなのです。

というわけで、インターネット業界に関わるための資格を二つ、挙げてみましょう。
ひとつはウェブデザイナー、もうひとつはVCPです。
ウェブデザイナーというのはよく聞く名前だけど、VCPってなんだろう?っていうひとは多いと思います。インターネットの中で、どんなことをする資格なんだろう?というふうに。
しかしそもそも、よく聞く「ウェブデザイナー」というものだって、資格の名称は知っていても、中身を知らないというひとは結構いるようです。「デザイナー」という語感だけを抜き出して、ウェブサイトのデザインを行う人なんだろうな、と思ってるひともいるようです。
もちろん、その認識が間違っているわけではないのですが。ただそれは、ウェブデザイナーの全容を捉えたものではありません。

また、VCPということになると、こちらは一から分からない……というひとが多い資格ではないでしょうか。
三文字の英略語で示される資格とか機構とかいうものは、たいていが「ちょっと難しいもの」であることが多いですからね……。
というわけで、VCPを簡単に説明するところから、始めてみましょう!

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930